ディスコミュージックとは

ディスコミュージックとは

ディスコミュージックといえば、まず思い浮かぶのが、ミラーボールがぐるぐる回る、賑やかなディスコでかかっている音楽というイメージです。ディスコミュージックは、R&Bやソウルなどの黒人音楽を起源に、1970年代に生まれた音楽です。1970年代はディスコブームとなり、世界中で熱狂と興奮を巻き起こしました。特に、1977年に全米公開された映画は世界的な大ヒットとなり、映画で使われているディスコミュージックのファンキーなノリに、多くの若者が虜になりました。

ディスコブームの終焉と共に、いったんディスコミュージックは下火になりました。しかし、他に真似できないグルーヴ感やリズミカルなビートは世代を超えて受け継がれ、現在でも多くの若者たちに愛されています。1980年代以降もディスコミュージックはいくつかのリバイバルブームを起こしましたが、2000年代に入り、ディスコ界の著名アーティストが往年のディスコミュージック回帰のCDをリリースし、どこか古臭いイメージであったディスコミュージックを、第一線に返り咲かせました。今では、ディスコミュージックを取り入れた数々の最新ヒットソングがリリースされています。

ディスコは少なくなったものの、ディスコミュージックは今でも世界中のクラブで人気の音楽ジャンルです。ディスコミュージックは、難しいことを考えずに、心と体で楽しむ音楽と言われています。当サイトでは、世代を超えて人々の心を掴んで離さないディスコミュージックの魅力について迫ります。まだその魅力を知らないという方もぜひご参考ください。

Pages